ブータン負の側面

前回は、ブータンという国の素晴らしさを書きましたが、今日は負の側面に触れたいと思います。

90年代初頭に、ブータン政府が民族主義政策をとった結果、10万人ものヒンズー教徒ネパール系ブータン人が国籍を失うこととなりました。(ブータン主流派は仏教徒) 彼らは、抗議運動を起こし政府と対立し、難民と化し、ネパールに逃げ込みました。そして、15年近くたった今もなお、10万人の人々はブータンに帰れず、ネパール内の難民キャンプで暮らしています。

私の親友の根本かおるは、UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)のダマク事務所の所長として、この難民キャンプの支援にあたっています。彼女は、コソボや、アフリカの奥地などの現場を渡り歩いてきた難民問題のベテランですが、ネパール国内は4月まで内紛状態にあり、身の危険を感じる毎日だったといいます。ゲリラによる爆発音を耳にしながら、難民の救済にあたる彼女の勇気と使命感には、本当に頭が下がります。

彼女が、時々、現地の様子を知らせてくれますが、その中には、例えばこんな報告もありました。

「5-10万円という非常に小さな額で測り知れない効果がある支援が実施できるのですが、緊縮財政のためにそれができなくなっています。たとえば、女の子たちへの下着。特に貧しい難民の家庭では娘に下着を買ってやれず、下着が無いために学校に行けない、あるいは汚してしまったときの替えが無くて学校を休みがちになってしまうという女の子が多く見受けられます。難民キャンプで起こりがちな性暴力を未然に防ぐという観点からも、「下着をつける」ということは非常に大切なのですが、そうした初歩的な支援も実施できないでいます。」

ブータンは、何年か前まで鎖国状態にあり、ブータンという国の存在を知らない人は少なくないと思いますが、最近は、観光先として人気を集めつつあり、テレビで取り上げられる回数も増え、知名度があがってきています。
しかし、10万人ものブータンの難民が苦しんでいることを知る人は、どれほどいるでしょうか。
私自身も、友人が赴任していなかったら、知らないままだったでしょう。

地球をより良くしていくために、私たちはどのように情報を仕入れ、何に問題意識を感じ、どのようなアクションを起こしていけばいいのでしょうか。

ブータン難民の情報と支援についてはこちらhttp://www.japanforunhcr.org/fund/fund_chad8.html
[PR]
# by peoplefocus | 2006-05-29 00:14

幸せの国ブータン

f0053855_21391296.jpg昨日、PFCのスタッフ2名がブータンに向けて旅立ちました。
PFCは、WFP(国連世界食糧計画)を通じて、ブータンの学校に給食調理用のストーブを寄付していて、その現地視察ツアーに参加したのです。

私も昨年の4月に、行きました。

なぜ寄付先がブータンかというと、
・ブータンは、ヒマラヤの麓にある山間の国で産業が乏しく、他国からの援助なしには成り立たない
・しかし、貧しくても、独自の理念をしっかり持ち、誇り高き国民である
・その理念は、Gross National Product=国民総生産ならぬ Gross National Happiness=国民総幸せ度という指標を掲げていることに現れている。そのために国民全員に教育が行き届く用、様々な施策がとられている
・自然保護にも熱心である。産業が育たない理由のひとつが、自然を保護していることにある
・このような文化が根付いた国なので、援助物資の略奪や政府高官の横領などといったことは全く起きない

なぜ給食調理用ストーブかというと、
・子供たちは、山道を何時間もかけて通学している子が少なくなく、学校に到着するころには
お腹がぺこぺこになってしまうので、給食が欠かせない
・従来のストーブだと、薪をたくさん使うのと、キッチンに煙が充満しやすいので、料理人の健康を害していた。料理人の健康と森林保護のためにも、新型ストーブが必要

ブータンの現地視察ツアーは、学校の先生や料理人たちと会話したり、子供たちと遊んだり、政府高官から政策についての説明を受けたりと、本当に充実したものでした。その様子は、http://www.peoplefocus.co.jp/Bhutan_tour/bhutan.htmlにあります。
ツアーは、私たちに、たくさんの学びを与えてくれました。私は援助が、「可哀想な人たちに恵んであげる」という発想ではなく、お互いの尊重に基づくものにしたいと考えていました。WFPとブータンは、その夢を実現してくれました。

また、「会社が儲かったから、少し分けてあげる」という考え方も好きではありません。したがって、PFCの寄付金は、利益の何%ではなく、売上の1%と規定しています。非常識と思われるかもしれませんが、社員も株主も賛同してくれました。PFCの社員が毎日がんばることは、クライアントの役に立つと同時に、地球のどこかにいる子供たちの役にも立っているのです。
[PR]
# by peoplefocus | 2006-05-23 21:42

黒田家のダイバーシティ

ルークです。ゴールデンウィークのあいだ、うちにベルギー人の女性がホームステイしていました。この人はベルギー人だというのに、「仏教を通じた日本人の死生観」について研究していています。東大の客員研究員だったこともあります。

ルークが生まれる前にも、別のベルギー人の女性がうちに3ヶ月間ホームステイしていたことがあるそうです。その人の仕事はデザイナーで、日本には和紙を使ったアートを勉強しに来ていたそうです。

うちの飼い主様たちは、外国人の目を通して日本について学ぶことができました。これもダイバーシティのなせる業。あ、ちょっと犬のコメントにしては上等すぎたかな。

f0053855_0195586.jpgちなみに、自分のGWといえば、このとおり飼い主様にたっぷり甘えさせてもらいました。
[PR]
# by peoplefocus | 2006-05-10 00:20

ダイバーシティ(多様性)の勉強会が開催されました

今日は、PFCにて、各企業でダイバーシティ推進を担当されている方々が集まっての勉強会が開催されました。それぞれが抱えるダイバーシティ問題は、まさにダイバース(多様)で、男女問題から中国人との異文化、M&Aにおける企業風土融合など多岐にわたるものでしたが、今日は、女性活用の事例として住友3Mさんからご発表いただきました。

多くの参加者が、「女性活用推進は逆差別だという声が男性からも女性からも聞かれる」と言っていました。それを聞いて、ふと17年前の自分を思い出しました。

17年前、アメリカのビジネススクールに留学しました。新学期が始まってすぐに、女子学生だけが特別講義を受けろということで召集がかかりました。組織変革論では世界の第1人者であるR.M.カンター女史が、ダイバーシティ問題について講義してくれたのです。

当時の自分は、カンター教授がいかに著名な人なのかも知らず、「なんで女性だけを特別扱いをするのか。自分は男性と伍してやっていけるから、こんな講義は必要ない」と思ったものでした。ところが、講義を聞いて、目からうろこが落ちました。少数派集団がなぜその実力を発揮できないかという心理学的根拠(トークニズム理論といいます)を知り、ダイバーシティ問題とは何であるかを初めて理解しました。

白人でもなくアメリカ人でもない女性として自分は、キャンパスでは超少数派。そして学生間の競争を強いる過酷なカリキュラム。そんな環境の中で私は何度かくじけそうになりました。あのトークニズムの講義を聞いていなかったら、途中で投げ出して帰国していたかもしれません。

ところで、アメリカのある研究結果によると、男女比が50・50だと、成果が最大化するというデータがあります。我が社PFCの男女比はちょうど50・50くらいです。これは、たまたまなのではなく、50・50になるように意図してなったことが自慢です。

しかしPFCにおける人間社員と社員犬とバランスはいたって悪く、社員犬は超少数派です。PFCの職場環境も仕事の仕組みもすべて人間に合わせて作られているので、ルークはその才能を活かすことができません。そして人間社員も、ルークは愛嬌を振りまいていればいい、くらいにしか思っていません。まるで、ひと昔前、女性社員は愛嬌を振りまいていればいいと、男性社員に思われていたのごとく。
f0053855_19275845.jpg

[PR]
# by peoplefocus | 2006-04-25 22:55

進化する顧客との競争

社団法人企業研究会が主催する30-40名からなる各企業研修責任者の研究会において、講演を依頼されました。得意の「組織開発」をテーマにお話させていただこうと考えています。

その事務局の方から伺ったお話で興味深いことがありました。

この研究会は、毎年研究テーマを設定するそうですが、2006年度のテーマ選定のために、次の7つの候補を挙げ、メンバーにアンケートをとったそうです。
 人材開発部門の役割
 リーダー育成
 これからの人材採用と育成
 研修実務
 キャリア支援
 組織力強化
 多様化への対応

この中で、だんとつ一番人気だったのが、「組織力強化」だったそうです。研修担当の人たちがこのテーマを選んだということは、私にとってまことに興味深い事実です。

PFCでは、企業研修をするときに、受講者の満足度追求だけで終わらせないためにどうするか、クライアント企業の研修担当者がいかに研修を上手くまわすかという意識からもっと発展してもらうためにどうするか、といったことをいつも議論しています。そして、「組織開発」という考え方を浸透させねばならないという使命感をもっています。しかし、このエピソードから、企業の研修担当者も、もはや我々と同じような問題意識を持っているということが、よくわかりました。

これはとても喜ばしいことであると同時に、新たなチャレンジの到来です。私はPFCがクライアント企業より一歩先をいくように心がけています。まだクライアント企業が思いついてもない次なる課題は何であるかを考えねばならぬ時期に来たような気がします。
[PR]
# by peoplefocus | 2006-04-14 11:08

「部長ができます」といって採用されるには

本日発売のプレジデントで、私の記事が掲載されました。当初、出版社からの依頼は、「新任管理職がなすべきこと」を教えてほしいというもので、結局「新任管理職90日プラン」という内容にまとまりました。GEが企業合併で100日プランという手法を持っていますが、それに似せて90日(=3ヶ月)でチームをフル加速していくステップを整理してみたのです。

その取材を受けながら思ったことがあります。日本が不景気でリストラが相次いだころ、企業で管理職が転職の面接で「私は部長ができます」と言って失笑をかうという話をよくききました。その当時は、もっと専門的なスキルを身につけないと転職なぞできないという考えが主流だったからです。

しかし、会社が変わっても、業界が変わっても、立派に「部長ができる」人というのは存在します。そういう人がまさに「プロフェッショナルマネージャー」です。プロフェッショナルマネージャーは、90日もすれば、完全に新しい組織に馴染み、業界知識があまりなくても、業界に詳しい人をうまく使いこなすことで、業績を向上させ始めることができます。

これから団塊の世代が定年を迎え、熟練労働者の減少が懸念されていますが、「部長ができる」と言って、再雇用される人たちが、どれほど出るか楽しみにしていましょう。
[PR]
# by peoplefocus | 2006-04-11 00:39

カンパニー・ドッグ

ルークです。PFCの社員犬です。今年のPFCの年賀状になった写真でも、人間の社員たちと一緒に並んで写りました。

f0053855_9203729.jpg
社員犬といえば、オラクルが有名です。今は3代目だそうです。また、アメリカでは、1万社以上の企業が、社員が会社に犬を連れてくることを許しているそうです。(出所:ボストングローブ)犬は、人間社員に対する癒し効果があると言われています。

僕はいたずらばかりしているので、癒しているというより、ストレスを増大させているような気がします。でも貢献することもあります。あるとき、採用面接を行っている会議室に飛び込み、応募者のB.A.氏に飛びつきました。面接官からは叱られましたが、B.A.君は、これでPFCへの入社を決めたと言います。
[PR]
# by peoplefocus | 2006-04-01 23:40

ついに花粉症・・・

どうも花粉症になったようだ。
悲しい!!

都内では5人に1人が花粉症だというから、
日本における花粉症による生産性低下のインパクトは相当なものだろう。

しかし、もしかすると、花粉症対策ビジネスの経済効果はそれ以上かもしれないね。
[PR]
# by peoplefocus | 2006-03-20 11:53

荒川静香フィーバー

この1ヶ月は日本中が荒川静香フィーバーでしたよね。

何を隠そう、高校のときに、フィギュアスケート部に所属し、キャプテンを務めた私としては、フィギュアスケートがこれまでに注目されるようになって感慨深いです。

フィーバーの要因は、トリノ・オリンピックで日本が獲得できた唯一のメダルだったとか、フィギュアスケートで初めて日本人が優勝したからだけではないと思います。世間は、荒川静香選手の「勝ち方」に感銘を受けたのではないでしょうか。少なくとも私はそうでした。

経営者として、あるいは経営者育成の仕事をしているコンサルタントとして、彼女の勝ち方には、とても考えさせるものがありました。

フィギュアスケートは最近、採点方法が大きく変わり、荒川選手は新採点法では自分らしさが出せないと悩んだというのは有名な話です。ビジネスの世界でも、競争環境の激変により、古い企業は強みが活かせなくなる。変化に対応しなくてはいけないのは頭ではわかっていても、気持ちの上では納得できない、あるいは身体がついていかない。よくある話ですよね。

しかし、荒川選手は、新採点法に合うプログラムを完成させ、かつ自分らしさもとことん追求し、周囲の競争相手に振り回されることなく、スケートの真髄にだけ集中した。

環境の変化に対応しながらも、自社の強みにより磨きをかけ、真の付加価値を提供することからぶれない - PFCをそんな企業にしていきたいと改めて思いました。
[PR]
# by peoplefocus | 2006-03-17 18:07

ようこそ

(株)ピープルフォーカス・コンサルティング(略称PFC)の経営者として、組織開発コンサルタントとして、ルークの育て親として、思ったこと感じたことをつづっていこうと思います。
                             黒田由貴子

フラットコーテッド・レトリーバーのルークです。黒田由貴子の愛犬として、PFCのカンパニー・ドッグとして、感じたことをたまに書こうと思います。                    ルーク
f0053855_188988.jpg

[PR]
# by peoplefocus | 2006-03-01 00:32