社会変革ファシリテーター

「世界的な社会変革ファシリテーター」と呼ばれるアダム・カヘン氏のセミナーが昨日都内であった。
私は行かなかったのだが、ツイッターの書き込みやUストリームをぱらぱらと見て、
その様子や雰囲気に驚いてしまった。

2年前にオマーンで行われた同氏のセミナーとすごく違っていたからである。

日本での雰囲気は、セミナー前は「すごいお方が日本に来る。ぜひ教えを乞おう!」、
セミナー中は、「Power & Love, なるほど、なるほど」
(※Power & Love=アダムカヘンのフレームワーク)
セミナー後は「さすがアダム様、たいへん勉強になった」みたいな。。。

ぱらぱらと見ただけだから、間違っていたらごめんなさい。

一方、オマーンでは、場所がオマーンで、参加者の多くがアラブ人と西洋人だったこともあり、
話は自然と、中東和平は実現できるのか、に集中した。
参加者は口々に、「Power & Loveもいいけど、それより、xxxすべきだと私は考える」と
みなが自説を主張する。

どんどん議論が白熱してきたところで、「こんなこと話し合っても意味がない。それより、
これから皆で絶食をして、飢餓を体験しよう」と言った人がいたのも、
アダムのセッションのときだった。(2008/4/17、ブログにも書いた。)

だから私の印象に残ったのは、中東和平問題の根深さ、難しさであり、
アダム・カヘンの話ではなかった。



どちらが良い悪いという話ではないのだけれども、日本人の反応のしかたは
他とは違うということを認識をしておく必要はあると思う。
[PR]
by peoplefocus | 2010-04-13 22:31
<< マネジメント論の巨匠、C.K.... サクラ到来 by Luke >>