アップル賛歌

またしてもアイフォンの宣伝みたいなことを書くが、
私は決してアップルのまわしものではありません。

今週は、スリランカでBOP(Bottom of Pyramid)マーケットを
視察する旅に出ている。ここでアイフォンを使っていると、
ユビキタス時代とは、こういうことかと実感する。

水も電気もろくにないようなスリランカの田舎でも、
手のひらの中にアイフォンさえあれば、
仕事のメールがこなせてしまう。
WWWを使って、世界中の情報が取れてしまう。
iPodを使って何でも好きな音楽が聴けてしまう。
キンドルを使ってあらゆる本が読めてしまう(日本語の本は読めないが)。

さらに凄いと思うのは、ビデオのタイマー録画ができないくらい
機械音痴な私でも、簡単に使いこなせてしまうことだ。
アイフォンは革命だ。

しかしだ!!
水も電気もろくにないようなスリランカの田舎でもできることが、
北軽井沢ではできないのだ!!
日本市場がガラパゴス諸島と呼ばれる所以。
ソフトバンク、何とかしてくれ!!
孫さんのツイッターに書き込むと、翌日には対応してくれるらしいから、
そうしてみるかな。
[PR]
by peoplefocus | 2010-03-25 11:53
<< スリランカ紀行 キンドル >>